施工管理の求人・転職情報掲載。資格者・現場経験者は即採用【施工管理求人サーチ】

施工管理求人サーチロゴ
夢真の転職支援 施工管理求人サーチ電話番号
お気に入りリスト
まずは無料WEB登録
メルマガ登録

空調設備の仕事はきつい?向いている人とやりがい・メリットを解説

学ぶ
公開日時 2023.02.15 最終更新日時 2023.02.15

空調設備の仕事は「きつい」というイメージを持つ人は少なくないでしょう。

空調設備の仕事への転職を考えても、きつい仕事ならば嫌だという気持ちから避けてしまう人もいるのではないでしょうか。

この記事では、空調設備の仕事は本当にきついのか、きついと言われる理由や空調設備の仕事をするメリットなどを紹介しています。

この記事を読めば、空調設備の仕事への理解が深まり、転職先の候補になるでしょう。

本当に空調設備の仕事は本当に大変できついのか?

空調設備の仕事は「きつい」と言われていますが、本当にきついのでしょうか。

たしかに、空調設備の仕事は体を動かすタイプの仕事であることから、体力的にきついと感じる場合はあるでしょう。

しかし、どのような仕事にもきついことはあります。楽なだけできついことは一切ないというような仕事は、ほとんどないでしょう。

空調設備の仕事は体力的にはきつい面がありますが、やりがいがあり、満足感が得られる仕事という面も備えています。

空調設備の仕事がきついと言われる理由

空調設備の仕事がきついと言われてしまうことには、理由がいくつかあります。ここでは、仕事がきついと言われる代表的な理由を5つ紹介いたします。

実際に、空調設備の仕事に従事している人がどのようなことをきついと感じているのか、その理由を見れば、空調設備の仕事に対する理解が深まるでしょう。

働く日・時間が不規則

空調設備の仕事は、依頼内容によって働く日や時間が不規則になりがちです。

例えば、ご自宅や新築のマンション等に空調を取り付ける仕事は、昼間に行われることが多いです。

しかし、学校や商業施設などの空調設備のメンテナンスは、生徒さんやお客さんがいない夜間に行う必要があるでしょう。

工事の進捗状況によっては仕事の時間も延びます。空調設備の仕事は主に屋内で行うことや、夜間でも明かりがあれば作業可能なことから、夜間残業も発生しやすいでしょう。

他の仕事のように働く時間が決まっている訳ではなく、依頼に対応して臨機応変に動かなければなりません。

また、仕事で働く日や時間が不規則だということは、規則正しい生活を送るのが困難だとも言えます。そのような点が、きついと言われる理由の一つでしょう。

重い器具を扱うため体力的にきついと感じやすい

空調設備の仕事では、空調そのものや重い器具を取り扱う必要があるため、体力的にきついと感じることがあります。

仕事上、空調設備などの重たいものを運搬する必要があります。

また、工事に使う器具そのものが重い場合があり、重い器具を取り扱うために普段は使わない筋肉を使い、筋肉痛を起こすといったこともあるでしょう。

体を動かして仕事をしなければならないため、体力に自信がないと就けない仕事ではあります。そのような理由から、きつい仕事だと思われやすいでしょう。

仕事が多岐にわたり覚えることが多い

空調設備の仕事は空調を取り付けるだけではありません。取り付けられた空調のメンテナンスや撤去工事なども範囲に含まれます。

依頼内容によっては、空調の取り付けのみやメンテナンスのみしかしないということもあります。

しかし、空調設備関係の仕事をするなら、他の仕事も行えるようになっている必要があるでしょう。

空調設備の仕事は幅広く内容が多岐にわたるため、それだけ覚えなければならないことも多くなります。

慣れない人にとっては覚えることが多すぎて大変だ、きついと感じてしまうことがあるでしょう。

役立つ資格は取得が大変

空調設備には、役立つ資格がいくつもあります。比較的取得が簡単な民間の資格や、空調設備の業務をしていれば取得できるような資格がある一方で、取得が難しい国家資格もあります。

管工事施工管理技士や電気通信工事施工管理技士などは、空調設備関係で役立つ代表的な資格です。

しかし、これらの資格は国家資格であるため、そうそう簡単に取得できる資格ではありません。

仕事に役立つ資格、転職時に有利になる資格を得るためには、資格取得のための条件を満たした上でしっかり勉強し、スキルを身につけなければならないでしょう。

※空調設備の仕事におすすめの資格は下記記事をどうぞ。

» 空調設備の仕事におすすめの資格

出典:技術検定|一般財団法人 全国建設研修センター

現場の上下関係が厳しい場合がある

現場にはベテランの職人と呼ばれる人たちがいることがあり、そのような人たちとの間では普通の会社の人間関係よりも上下関係が厳しい場合があります。

新人として現場に入った場合、いきなり人間関係で躓く可能性があるでしょう。

とくに忙しい時期には、新人の面倒を一から見ていられないといった事情もあります。

他の仕事のように一から教えてもらうという環境にはならないことがあるため、他に比べて空調設備の仕事がきついと言われる理由の一つになっているでしょう。

空調設備の仕事はやりがいがある

空調設備の仕事はやりがいがある

空調設備の仕事には、たしかにきつい一面もあるでしょう。しかし、体力的な面をのぞけば自分の仕事に関してやりがいを感じられる一面もあります。

ここでは、空調関係の仕事をすることでどのようなやりがいがあるのかを紹介します。

ただし、これらのやりがいも本人の気の持ちようで変わってくるでしょう。前向きに仕事に取り組み、やりがいを感じながら仕事を続けることが大切です。

働きながら技術を身につけて成長できる

空調設備の仕事では、働きながら空調設備関係の技術を身につけ、自分自身を成長させられるというやりがいがあります。

空調設備の仕事内容は多岐にわたっています。それらの仕事を実際に自分の手で行うことにより、働きながらしっかりと技術を自分のものにしていくことが可能です。経験を積むことで、転職やキャリアアップに良い影響をもたらすでしょう。

また、一部の資格の中には現場で実際に仕事をしていることで、受験資格を得られるものがあります。資格取得においても有利になるでしょう。

資格を取れば給料や役職アップが期待できる

空調設備の仕事に関連する資格を取得すれば、給料や役職アップが期待できるというやりがいもあります。

空調設備に関連する資格を取得すると、自分で行える仕事の幅が広がります。

それだけ仕事内容が増えることにはなりますが、働いた分だけ給料面や役職への昇格面で優遇されるようになるでしょう。

資格の中でも、とくに国家資格を取得するのは難易度が高いですが、取得すればそれだけリターンも期待できます。頑張れば報われる可能性が高いことが、やりがいを生むでしょう。

パズルを解くように楽しみながら働ける

空調設備関係の仕事では、時にビル内の配管設備をどう設置するか、スペースを活用する方法について計画を立てる必要がでてくる場合があります。

建物内の限られたスペースを活かして、いかに効率的にまたメンテナンスも行いやすいように配管を設置するかを考えることは、パズルを解くことに似ています。

最適を求めると大変な作業ではありますが、最適解を見つけられるとやりがいを感じられることでしょう。

パズルを解くのが好きな人や抵抗がない人は、楽しみながら働ける可能性があります。

身につけた技術で人の役に立てる

空調設備の仕事では、自分が身につけた技術を使って空調を完成させることで、自分のしたことが目に見えて人の役に立っていることが分かるというやりがいがあるでしょう。

オフィスビルや学校、商業施設などの空調設備を完成させる、あるいはメンテナンスすることは必要なことです。

それを自分の技術を使い、自分の手で行えることにやりがいを感じる人は多いでしょう。

空調設備の仕事では自分がした仕事の成果が分かりやすいことが、やりがいを得られやすい理由の一つだと言われています。

空調設備の仕事にはメリットもある

空調設備の仕事はたしかに体力的にきつかったり、仕事内容が多岐にわたっていたりするため、覚えることが多いといったきつい面があります。

しかし、空調設備の仕事にはやりがいがあり、それなりのメリットがあることも確かです。ここでは、空調設備の仕事で得られるメリットについて紹介します。

屋内作業が中心で気象条件の影響が少ない

空調設備の仕事は体を使う現場仕事の一つではありますが、屋外作業よりも屋内作業が中心であるため、雨や風、気温といった気象条件に影響されることが少ないというメリットがあります。

屋外での作業もない訳ではありませんが、空調設備の仕事は屋内作業が中心です。

そのため、真夏の暑い日や真冬の寒い日に、屋外で作業して大変な思いをする可能性は低くなるでしょう。

天候や気象の影響を受けにくいため、そのようなことが原因で工期が遅れるといったことも起こりにくくなります。

知識やスキルは転職にも活かせる

空調設備の仕事内容は多岐にわたるため、覚えることがたくさんあります。

仕事として全てを覚えるのは大変でしょう。しかし、それは逆に言えば空調設備の仕事を通じて多くの経験や知識を積めるということでもあります。

それらの仕事で得た知識や経験は、同系統の仕事に転職する際には無駄になりません。

良い条件で転職するためにも、積極的に様々な作業に従事して知識や経験を得て、資格を取得するようにしましょう。

空調設備の仕事は肉体のトレーニングにもなる

空調設備の仕事では、重い器具を取り扱うことがあります。

肉体的にきついと言われる理由の一つではありますが、これをトレーニングととらえれば、仕事中に肉体のトレーニングができるという考え方もできるでしょう。

健康のためにジムに通う人がいますが、空調設備の仕事をしていれば仕事の中でトレーニングできる、ということです。改めてジムに通う必要はないでしょう。

空調設備のニーズは高く将来性がある

空調設備の仕事はニーズが高く、将来性があるとされていることもメリットでしょう。

現代で人が暮らしている空間は、基本的に空調がととのえられています。真夏でも涼しく、真冬でも暖かく過ごすことが普通になっているため、空調設備の仕事は将来にわたって需要があると言われています。

また、空調設備の仕事にはメンテナンスも含まれており、設置してしまえば終わりという訳ではないため、メンテナンス面でも需要はあるでしょう。

空調設備の仕事に向いている人

空調設備の仕事に向いている人

空調設備の仕事はたしかにきついことがありますが、受け取り方を変えればメリットにもなります。しかし、向いていなければ仕事に就いても長続きはしないでしょう。

ここでは、空調設備の仕事に向いている人を紹介します。空調設備の仕事に向いているのかどうか、適性をしっかり見極めて転職活動に活かしましょう。

チームで取り組むのが好きな人

空調設備の仕事内容によっては、グループを組んで大勢の同僚と共に働くことになります。

そのため、個人で仕事をするのではなくチームで一つの仕事に取り組むことが好きな人が向いているでしょう。他の人ときちんと意思疎通が取れる人、連携できる人が該当します。

逆に言えば、他人とコミュニケーションを取るのが難しい人や、苦手だという人は空調設備の仕事にはあまり向いていない可能性があるでしょう。

現場の体力仕事に自信のある人

空調設備の仕事は現場仕事でもあるため、現場で働く体力に自信のある人が向いています。

重い器具を持つことができないという人、現場で働く体力がないという人は向いていないでしょう。

また、空調設備の仕事では時に、仕事の内容によっては昼間に仕事ができない場合があるため、夜間残業が発生するケースがあります。

不規則な生活になっても健康を維持できる、それだけの体力がある人が向いているでしょう。

細かく正確な作業が好きな人

空調設備の仕事では、限られた有効範囲の中に効率的に配管を設置する方法を考えるといったパズル要素があり、配管設置時以外でもメンテナンス時に細かいところまできちんと確認することが求められます。

そのため、細かくて正確な作業、組み立てる作業が好きな人が向いていると言えるでしょう。

おおざっぱで適当な人や、細かい作業が苦手だという人は向いていないとも言えます。

学び続けることが苦にならない人

空調設備の仕事は何年も何十年も同じという訳ではありません。新しい器具や技術がでてきたり、配管の設置方法が変わったりすることがあります。

常に新しい機器や技術がでてくる可能性があるのが、空調設備の仕事です。

新しい技術を習得することや新しい器具に慣れることが苦痛ではない人、常にアンテナを張って知識を新しくすることに抵抗がない人が向いているでしょう。

人の役に立ちたい人

空調設備の仕事をすると、自分のした仕事で人が快適に暮らしている様子が分かります。直接、そのような人達からお礼を言われる機会というのは少ないでしょう。

しかし、自分のした仕事が他の人の役に立っていることが分かりやすいという点が、空調設備の仕事の特徴です。

人の役に立ちたいと考えている人や、仕事にやりがいを感じたいと考えている人は、空調設備の仕事が向いているでしょう。

未経験ならアルバイトから始める手も

いきなり未経験で空調設備の仕事に飛び込むのは不安がある、という人も多いでしょう。そのような場合は、アルバイトで実際の仕事を経験してみるのも一つの手です。

空調設備のアルバイト募集はそれなりに数があります。アルバイトでは、最初から複雑で専門的な仕事をさせるようなことはなく、サポートをさせることが多いでしょう。

補助的な仕事をしながら、調設備の仕事とはどのような仕事なのかを観察、体験して転職時に役立てましょう。

それでも「きつい」と感じる時には?

空調設備の仕事にはメリットがたくさんありますが、重い器具を扱うといった肉体的にきつい面があることも否定できません。

体力があるうちはよいですが、仕事についていけないほどきつさを感じてしまった場合は、思い切って転職を考えてみるのもよいでしょう。

どうしても体がきつい、続けるのが大変だといった事情がある際には、無理して働き続けることはありません。

体を壊してしまっては元も子もないため、どうしてもきつい場合には転職してしまうのも一つの手段です。

当社では施工管理に特化した転職サイト「俺の夢」を運営しており、建設業界で働く方たちの転職を支援しています。

上記のように「きついので転職したい」と考えている方のため、「無料転職相談会」を開催しています。

現在のお仕事状況や希望の働き方をお聞かせいただき、当社の誇る全国に常時6,000件以上を持つ求人案件の中から最適な現場をご提案しております。

気になる方はぜひ一度ご利用ください。WEBからかんたんにお申し込みいただけます。

空調設備の仕事にやりがいを感じ楽しめる理由を知ろう

ここまで紹介してきたように、空調設備の仕事がきついと言われる理由はたしかにあり、体力的にきつい面があることは事実です。また、あまり目立たず地味な仕事でもあります。

しかし、仕事することで他の人の生活を守ることや、豊かにしたことが実感できるといったメリットがあります。仕事に対してやりがいを感じることも少なくないでしょう。

この記事を読んで、空調設備の仕事が向いているかもしれないと感じた人は、転職も視野に入れてみてください。


当サイトの記事は基本的には信頼性に足る情報源(公共機関や企業サイト、または専門家によるもの等)をもとに執筆しており、情報の正確性・信頼性・安全性の担保に努めていますが、記事によっては最新の情報でない場合や情報の出典元表記や正確性が充分でない場合があります。予めご了承ください。

建設業界の人材採用・転職サービスを提供する株式会社夢真の編集部です。
建設技術者派遣事業歴は30年以上、当社運営のする求人サイト「施工管理求人サーチ」の求人数は約6,000件!
このコラムでは上記の実績と知見を活かし、建設業界で働く方の転職に役立つ情報を配信しています。

株式会社夢真 コーポレートサイト

Twitter LINE
RECOMMEND

おすすめ求人

PAGE TOP

まずは無料登録
お電話でのお問い合わせはこちら