施工管理の求人・転職情報掲載。資格者・現場経験者は即採用【施工管理求人サーチ】

施工管理求人サーチロゴ
夢真の転職支援 施工管理求人サーチ電話番号
お気に入りリスト
まずは無料WEB登録
メルマガ登録

元方安全衛生管理者とは?職務内容や必要な資格についてわかりやすく解説

働く
公開日時 2022.07.25 最終更新日時 2022.07.25

元方安全衛生管理者とは

元方安全衛生管理者とは、統括安全衛生責任者が行う事項のうち、技術的・具体的事項の管理を行う資格のことを指します。
元方安全衛生管理者は、統括安全衛生責任者が適正に業務を行えるよう補佐するのが主な仕事です。
本記事では施工管理技術者が知っておきたい元方安全衛生管理者について紹介します。

元方安全衛生管理者を選任しなくてはいけない場合

元方安全衛生管理者を選任しなくてはいけない場合は、安衛法令などに基づき統括安全衛生責任者を選任した時です。
元方安全衛生管理者は特定元方事業者が選任します。

元方安全衛生管理者の職務内容

元方安全衛生管理者は統括安全衛生者の指揮の下で以下の事項などを監理します。

1.協議組織の設置や運営
2.作業間の連絡や調整
3.作業場所の巡視
4.関係請負人が請け負う労働者の安全衛生教育に関する指導や援助
5.その他労働災害防止のための事項

元方安全衛生管理者は統括安全衛生責任者と一体になって現場の管理に努めます。

元方安全衛生管理者に必要な資格

元方安全衛生管理者になるには、以下のいずれかの資格が必要です。

1.大学、高等専門学校などの理科系統の正規の課程を修了し卒業したもの。
その後3年以上の安全衛生の実務経験があるもの。

2.高等学校または中等教育学校において理科系統の正規の課程を修了し卒業したもの。
その後5年以上の安全衛生の実務経験があるもの。

3.大学、高等専門学校などの理科系統以外の正規の課程を修了し卒業したもの。
その後5年以上の安全衛生の実務経験があるもの。

4.高等学校または中等教育学校において理科系統以外の正規の課程を修了し卒業したもの。
その後8年以上の安全衛生の実務経験があるもの。

5.普通職業訓練を修了し、5年以上の安全衛生の実務経験があるもの。
6.高度職業訓練を修了し、3年以上の安全衛生の実務経験があるもの。
7.専修訓練課程の普通職業訓練を修了し、6年以上の安全衛生の実務経験があるもの。
8.10年以上建設工事の施工で安全衛生の実務経験があるもの。

元方安全衛生管理者の教育

元方安全衛生管理者の教育は、労働者の安全と健康の確保、快適な職場環境の形成促進が目的です。

元方安全衛生管理者は、初めて選任された時と概ね5年ごと、大幅な機械設備の変更があった時に講習を受講します。

初めて選任された時の安全管理者選任時研修の内容は、安全管理や安全教育、関係法令です。5年ごとの定期講習や設備変更に伴う安全衛生推進者養成講習は、作業環境管理や健康の保持増進対策など踏み込んだ内容です。

元方安全衛生管理者と似ている他の資格との違い3つ

元方安全衛生管理者と似た資格に、統括安全衛生責任者と安全衛生責任者、店社安全衛生管理者があります。

建設業や造船業などの特定元方事業者では元請と下請が混在する場合もあります。混在による労働災害防止を目的に、元請は統括安全衛生責任者、下請は安全衛生責任者などを選任します。

混在作業による危険状態の回避は元請の責任です。統括安全衛生責任者のもと、各責任者が作業間の連絡調整を行い、事故防止に努めます。

他の資格との違い1:統括安全衛生責任者との違い

統括安全衛生責任者は現場を統括する責任者であり、元方安全衛生管理者は具体的・技術的な事項担当の補助業務です。

統括安全衛生責任者は元請事業者内から選任します。主な業務は異なる作業同士の連絡と調整、協議組織の設置と運営です。現場で行う作業員に対して安全衛生教育に関する指導や援助の他、作業現場の巡視活動を行います。

元方安全衛生管理者などに指示し、労働災害防止に尽力します。

他の資格との違い2:安全衛生責任者との違い

元方安全衛生管理者は特定元方事業者が選定しますが、安全衛生責任者は下請の各業者が選任します。

安全衛生管理者は統括安全衛生責任者との連絡が主な業務です。元請業者の統括安全衛生責任者からの連絡を自社の従業員に対して伝えます。また、自社の請負業務に関する安全衛生管理も担います。

統括安全衛生責任者が選任された現場でのみ選任される点は、元方安全衛生管理者と同じです。

他の資格との違い3:店社安全衛生管理者との違い

店社安全衛生管理者は、統括安全衛生責任者や元方安全衛生管理者が選任されない中規模現場で、安全衛生管理担当者の指導や援助業務を担います。

店社安全衛生管理者はずい道や橋梁の建設現場、圧気工法による作業を行う仕事の20人以上、鉄骨造・鉄筋鉄骨コンクリート造の建築物建設の30人以上の現場で選任されます。

毎月1回以上の巡視により、作業の種類と状況、工程表や機械設備の配置の確認を行います。

元方安全衛生管理者について理解しよう

元方安全衛生管理者は、統括安全衛生責任者を具体的・技術的事項で補佐する役割です。

統括安全衛生責任者が選任された現場で業務を遂行します。現場の安全衛生管理体制の中で、作業現場の巡視や安全衛生教育を実施します。元方安全衛生管理者と似ている資格は、安全衛生責任者や店社安全衛生管理者などです。

元方安全衛生管理者の業務内容や選任条件、教育などについて施工管理担当者は理解を深めましょう。

関連記事:
職長・安全衛生責任者教育とは?それぞれの目的や内容を紹介!
【安全教育】建設業に関わる安全衛生対策のポイントについて解説
建設現場では安全管理が重要!14の指針の内容を紹介


当サイトの記事は基本的には信頼性に足る情報源(公共機関や企業サイト、または専門家によるもの等)をもとに執筆しており、情報の正確性・信頼性・安全性の担保に努めていますが、記事によっては最新の情報でない場合や情報の出典元表記や正確性が充分でない場合があります。予めご了承ください。

建設業界の人材採用・転職サービスを提供する株式会社夢真の編集部です。
建設技術者派遣事業歴は30年以上、当社運営のする求人サイト「施工管理求人サーチ」の求人数は約6,000件!
このコラムでは上記の実績と知見を活かし、建設業界で働く方の転職に役立つ情報を配信しています。

株式会社夢真 コーポレートサイト

Twitter LINE
RECOMMEND

おすすめ求人

PAGE TOP

まずは無料登録
お電話でのお問い合わせはこちら