施工管理の求人・転職情報掲載。資格者・現場経験者は即採用【施工管理求人サーチ】

施工管理求人サーチロゴ
夢真の転職支援 施工管理求人サーチ電話番号
お気に入りリスト
まずは無料WEB登録
メルマガ登録

施工管理者なら知っておくべき重機メーカーの歴史:CAT(キャタピラージャパン)

学ぶ
公開日時 2023.03.09 最終更新日時 2023.03.09

油圧ショベルをはじめ、様々な建機を取り扱っている重機メーカーの一つが「CAT」です。作業現場のニーズに応えられるよう豊富な製品がラインアップしており、施工管理者であれば現場を円滑に進めるためにCAT の製品についてもある程度の知識が必要です。
この記事ではCAT の歴史について分かりやすく紹介していきます。

重機メーカーCATとは


重機メーカーとして国内で高い知名度を誇る「CAT(キャタピラージャパン)」は、建設機械メーカーとしては世界でも最大手です。
本社はアメリカで、キャタピラー・ジャパンは日本法人です。
CATがメインとしている事業は、次のような商品の開発・生産・販売です。

  • 建設機械・鉱山用機械(ブルドーザ・油圧ショベル・ホイールローダーなど)
  • 天然ガスエンジン
  • ディーゼルエンジン
  • 産業用ガスターピンエンジン
  • ディーゼル電気機関車

日本の建設機械業界では、小松製作所と並び2強という位置付けです。重機分野では世界最大手であり、国内では三菱時代に培った国産メーカーというイメージでの高い信頼性もあります。
CATの重機はリース販売や割賦販売契約も可能であり、そのほかにもCat Financialでの融資・保険といった金融サービスも行なっています。

国産メーカーのイメージが強い

「キャタピラー三菱株式会社」の名前を耳にしたことある方も多いかもしれませんが、本社をアメリカに置くCATは、純国産メーカーというわけではありません。
しかし、アメリカ以外では唯一日本の明石に工場があり、事業の中でもメインとなる油圧ショベルの開発を行なっています。
得意分野の主要部品を日本の明石工場から世界へ供給していることや、三菱時代から築いた「丈夫で信頼できるブランド」という価値から「確かな商品の国産メーカー」というイメージが強いのです。

CATの歴史

CATの歴史


CATの前身となる明石工場が誕生したのが1960年。三菱重工が油圧ショベルをメインとして開発・生産・販売を開始しました。
その3年後、三菱とCATによる半々の出資にて「キャタピラー三菱株式会社」が発足しました。
また、1960年代はCAT製機械がパナマ運河の拡幅工事で活躍したり、CAT製エンジンがアポロ11号計画にて電力供給の役割を果たしたりしています。
1987年にエム・エイチ・アイ建機株式会社との合併によって「新キャタピラー三菱株式会社」となり、2008年の夏に商号が「 キャタピラージャパン株式会社」となりました。
4年後の2012年、三菱重工がキャタピラー社へ全ての株式を譲渡し、完全外資企業化しています。1990年代には中国の三峡ダム建設、日本・大阪の関西国際空港建設などでCAT製重機が活躍しています。
その他にも、世界各地の工事・建設現場でCAT製機械が採用されています。

CATの新たな歴史!CAT製スマホ

建設機械・重機業界では圧倒的な知名度と信頼を誇るCATですが、100年以上続く実績と経験を元に、世界各地で活躍する重機を開発から生産、販売まで行ってきました。
そんなCATが新たな歴史の第一歩として開始したのが、卓越した頑丈さを実現したCAT社製スマホの開発です。
オンキョーからリリースされ、現在はコストコで入手可能なCAT社製スマホ【CAT S41】が特徴的です。

CAT S41のスペック

  • キャリア:SIMフリー
  • OS:Android 7.0
  • CPU:MTK6757
  • ストレージ:32GB
  • RAM:3GB
  • サイズ:75×152×12.95mm
  • 重量:220g

その他の特徴:水深2mに1時間浸けても起動し、優れた防塵性を誇ります。また、高さ1.8mから落下しても壊れないタフさ、濡れた手や厚手の手袋でも操作が可能なほか、軍事標準を採用。

厳しい現場を知り尽くしているCATだからこそ、これまでの実績と経験が詰め込まれたタフなスマホを開発できました。

世界で活躍するCATは存在がグローバル

建設機械・重機を開発・生産・販売するメーカーとして最大手に位置するCAT。大元の本社はアメリカですが、メイン事業の工場が日本にあります。外資企業であるものの、長年日本の工場にて主要部品を生産し世界各国の建設・工事現場へ送り出している実績から、国産メーカーに近い存在です。
常に現場の第一線で活躍する重機を作り続け、新たな歴史の一歩としてタフなスマホも作るCAT。今後も、実績と経験を活かした製品が登場することが予想されます。

出典:CAT(キャタピラージャパン)の社歴

関連記事:
重機レンタル・リースの契約の流れ
【地域住人とトラブル?】建設現場の重機などの騒音基準
重機と建機はいつまで経っても男のロマン!けれど、それぞれの違いを説明できますか?


当サイトの記事は基本的には信頼性に足る情報源(公共機関や企業サイト、または専門家によるもの等)をもとに執筆しており、情報の正確性・信頼性・安全性の担保に努めていますが、記事によっては最新の情報でない場合や情報の出典元表記や正確性が充分でない場合があります。予めご了承ください。

建設業界の人材採用・転職サービスを提供する株式会社夢真の編集部です。
建設技術者派遣事業歴は30年以上、当社運営のする求人サイト「施工管理求人サーチ」の求人数は約6,000件!
このコラムでは上記の実績と知見を活かし、建設業界で働く方の転職に役立つ情報を配信しています。

株式会社夢真 コーポレートサイト

Twitter LINE
RECOMMEND

おすすめ求人

PAGE TOP

まずは無料登録
お電話でのお問い合わせはこちら