施工管理の求人・転職情報掲載。資格者・現場経験者は即採用【施工管理求人サーチ】

施工管理求人サーチロゴ
夢真の転職支援 施工管理求人サーチ電話番号
お気に入りリスト
まずは無料WEB登録
メルマガ登録

土木工事の具体的な種類や内容について

学ぶ
公開日時 2023.02.20 最終更新日時 2023.02.20

土木工事とは、道路やトンネル、橋といったものから、海岸や上下水道の配管工事に至るまで、建物以外の建設工事全般のことを意味します。
主に、公共工事が多いため、例えば2020年のオリンピックに関わる開発など、日本の景気にも大きな影響を与えるものもあります。
しかし、その他にも、実に多くのものが土木工事によってつくられています。
今回は、土木工事の具体的な種類や内容について紹介します。


 

土木工事の具体的な種類


一口に「土木工事」といっても、その内容は多岐にわたります。

河川、海岸工事

河川関連の工事には「河川工事」、「河川改修工事」、「河川構造物工事」の3種類があります。
同じように、「海岸工事」もありますが、内容としては浚渫(しゅんせつ)工事と呼ばれる、水底の土砂などを取り除く工事も含まれます。

道路、トンネル工事

道路工事は、「道路改良工事」、「道路構造物工事」、「道路築造工事」、「道路開設工事」に分けられます。
トンネル工事は「トンネル本体工事」、「シールド工事」と、施工方法がシールド工法もしくは、作業員が内部作業を行う推進工法による工事である「推進工事」に分けられます。

橋梁(きょうりょう)工事

いわゆる「橋」をつくる工事である橋梁工事は、「PC橋梁工事」、「PCロックシェード橋梁工事」、「コンクリート構造物での橋台工事」、「橋脚工事」に分類されます。

ダム工事


ダムをつくるダム工事は、「ダム建設工事」、「砂防ダム工事、「貯水池ダム工事」の3つです。

空港建設工事

文字通り、空港をつくる工事のことです。

土地区画整理工事

土地を整地したりする工事には、「土地区画整理工事」、「土地造成工事」、「大規模な宅地造成工事」の3種類があります。

水道関連工事

水道関連の工事には、「公道下等の下水道の配管工事」、「下水処理場自体の敷地造成工事」、「公道下等の上水道管埋設工事」と、自治体の公共工事である「一般水道工事」のうち、「開削工事」と「小口径推進工事」があります。
さらに、配水管布設や内管挿入の工事などを行う「一般配水管工事」も含まれます。
また、「上水道幹線工事」と「下水道幹線工事」、「大口径管工事」という工事もあります。

まとめ

土木工事は、今回紹介した事例以外にも、実はもっとたくさんの種類があります。
それだけに、普段の我々の生活に関係の深い建造物も多いです。
また、大震災以降の復興作業や、2020年に向けた東京の開発事業といった、インパクトの大きい土木工事も行われています。
そういう意味において、土木工事とは、まさに我々の生活を支える縁の下の力持ちといえるものなのかもしれませんね。


 

関連記事:
橋梁工事とは?工事の内容や手順について
河川の基礎知識:河川工事の種類と管理について
道路工事の仕事に資格は必要か?取得するならどんな資格がよいか


当サイトの記事は基本的には信頼性に足る情報源(公共機関や企業サイト、または専門家によるもの等)をもとに執筆しており、情報の正確性・信頼性・安全性の担保に努めていますが、記事によっては最新の情報でない場合や情報の出典元表記や正確性が充分でない場合があります。予めご了承ください。

建設業界の人材採用・転職サービスを提供する株式会社夢真の編集部です。
建設技術者派遣事業歴は30年以上、当社運営のする求人サイト「施工管理求人サーチ」の求人数は約6,000件!
このコラムでは上記の実績と知見を活かし、建設業界で働く方の転職に役立つ情報を配信しています。

株式会社夢真 コーポレートサイト

Twitter LINE
RECOMMEND

おすすめ求人

PAGE TOP

まずは無料登録
お電話でのお問い合わせはこちら