施工管理の求人・転職情報掲載。資格者・現場経験者は即採用【施工管理求人サーチ】

施工管理求人サーチロゴ
夢真の転職支援 施工管理求人サーチ電話番号
お気に入りリスト
まずは無料WEB登録
メルマガ登録

現場監督が仕事の事で上司に聞くべきこと③「部下への教え方」

学ぶ
公開日時 2022.10.05 最終更新日時 2022.10.05

現場監督の仕事は量的にも時間的にも膨大なので、経験が薄い部下にとっては非常に難しいものです。
もちろん上司にとっても、膨大な量の仕事を一つ一つ部下に教えることは大変です。
上司や部下にとって良い関係を築き、うまく教えていくにはどのようにすれば良いのでしょうか。
今回は部下への教え方に迷う現場監督が、上司に聞くべきことをまとめました。

部下の育成には信頼できる人間関係が大切


どんな仕事をするにしても、誰でも最初は初心者です。
初めての仕事内容や作業に戸惑うことも多く、経験ある上司に頼りながら成長していきます。
そのため上司の教える能力も、部下の成長には欠かせない要素です。

特に現場監督の仕事には、現場の管理や外部との連絡、作業の効率を高めるなど、非常に多くの仕事があります。
経験の中で学んでいくことも多く、部下に教える際には長く一緒に過ごしたり、よく話し合ったりと、より密接な付き合いも必要になるでしょう。

その中で大切なのは、部下が質問をしやすく学びやすい環境を作ることです。
上司と部下の間に上下関係ではなく、自然な人間関係を作ることを目指します。
指導を重ねるうちに面倒くさいと思うこともあるかもしれませんが、自分も最初は初心者で上司に助けてもらって成長したことを忘れずにいることが大切です。

部下への教え方で上司に聞くべきこと

しかし自分が教わったように部下にも教えようと思っても、なかなかうまくいくものではありません。
同じように説明したつもりでも伝わりにくかったり、うまく作業してもらえなかったりするのは仕方がないことです。
なぜなら部下の育成にはマニュアルがなく、絶対的な成功方法もないからです。

そこでおすすめなのは、自分の上司にどのように部下に教えればいいのか質問することです。
すでに部下に教えたことがある上司は、その経験から成功体験や失敗体験を教えてくれるでしょう。
具体的な質問項目としては、仕事を教える順番や褒めるタイミング、失敗した時の指導のやり方、慣れてきた時に教えることなどが挙げられます。
部下とのトラブルがあった時の解決方法や励まし方なども聞いておくと良いでしょう。
また上司が実際に指導に当たった時の話なども聞き、どのような人間関係を築いていけばいいのかも参考にするといいでしょう。

個々人に合った対応の仕方を心がける

部下といっても個人によって関係性は様々です。
ある1つの方法が成功したとしても、同じ方法が他の部下に通用するとは限りません。
部下への教え方に迷った場合には、経験豊かな上司に質問をしていろいろな対応方法を学びましょう。
個々人に合った対応の仕方を心がけることで、より円滑な関係を築いていけるでしょう。

関連記事:
【現場監督】必要とされる能力や求められていることとは?
現場監督の仕事で成功した上手くいった思えるとき
【工事検査を徹底攻略⑥】新人現場監督への教育方法をご紹介


当サイトの記事は基本的には信頼性に足る情報源(公共機関や企業サイト、または専門家によるもの等)をもとに執筆しており、情報の正確性・信頼性・安全性の担保に努めていますが、記事によっては最新の情報でない場合や情報の出典元表記や正確性が充分でない場合があります。予めご了承ください。

建設業界の人材採用・転職サービスを提供する株式会社夢真の編集部です。
建設技術者派遣事業歴は30年以上、当社運営のする求人サイト「施工管理求人サーチ」の求人数は約6,000件!
このコラムでは上記の実績と知見を活かし、建設業界で働く方の転職に役立つ情報を配信しています。

株式会社夢真 コーポレートサイト

Twitter LINE
RECOMMEND

おすすめ求人

PAGE TOP

まずは無料登録
お電話でのお問い合わせはこちら