施工管理の求人・転職情報掲載。資格者・現場経験者は即採用【施工管理求人サーチ】

施工管理求人サーチロゴ
夢真の転職支援 施工管理求人サーチ電話番号
お気に入りリスト
まずは無料WEB登録
メルマガ登録

設備保全が必要な理由とは?仕事内容や魅力について詳しく解説!

学ぶ
公開日時 2022.09.27 最終更新日時 2022.09.27

設備保全とは何か

設備保全の仕事は、工場の機械や設備が滞りなく稼働して製品を生産するために重要な仕事です。役割としては機械や設備の整備や点検、監視、修理などです。

この記事では、設備保全が必要な理由や具体的な設備保全の3つの仕事内容、どんな人に設備保全の仕事が向いているのか7つの特徴、そして仕事の魅力を詳しく紹介します。

設備保全が必要な理由3つ

設備保全は、工場の機械や設備が滞ることなく稼働し続けるために、重要で必要不可欠な大切な仕事です。

設備保全の職種は、工場が製品を生産するうえで、機械や設備が安定に稼働すること、製品の品質維持、工場で働く従業員たちの安全のためにも欠かせない業務です。工場における設備保全の業務の具体的な役割について説明します。

1:安全が確保できる

設備保全の仕事は、工場で働くたくさんの人の安全を確保することに役立っています。工場の設備が故障したり安全装置に不具合が起こったりすると、事故や働く人のケガなどの危険につながる恐れがあります。

常日頃から、設備保全の担当が工場の点検や監視をすることが、工場で働くすべての人の安全確保にもつながります。

2:品質が安定する

工場で生産した製品の品質が安定していることが、顧客からの信用を得るためには重要です。生産した製品の品質を保持するために、常に工場の設備を設備保全が監視して不備や破損、不純物の混入がないようにします。

また工場の設備にトラブルが発生して製品の生産が止まると大変です。安定した品質の製品を生産し販売し続けるために、設備保全が監視します。

3:停止時間を減らす

工場で設備の停止は生産停止に直結するため、設備の停止は極力なくさなければなりません。生産が止まってしまうと、会社にとって大きな損失になってしまいます。

設備の停止時間をなくすため、日ごろから監視・点検をしっかりと行い、問題が起きたら即座に対応することが必要です。

設備保全の仕事内容3つ

設備保全の仕事は、大きく「定期的な整備」「点検や監視」「故障の修理」の3つに分けられます。工場では、機械や設備を使って製品を生産していますので、どれかひとつでも故障や不具合が生じれば生産ラインが止まってしまいます。

機械や設備が正常に働き続けられるように、定期的な整備、点検、監視、故障の修理をするのが設備保全の仕事です。

1:定期的な整備

設備保全は工場の機械や設備をある一定の決まった期間ごとに整備します。決まった期間で整備すると機械が故障する、止まるといったトラブルを未然に防げます。機械を安全に安心して長く使い続けられるでしょう。

決まった期間ごとの整備では工場の機械や設備の部品を劣化していなくても交換します。設備保全業務のひとつで決まった期間ごとに行うものを「時間基準保全」といいます。

2:点検や監視

設備保全の仕事に、点検や監視があります。工場の機械や設備は定期的に点検して、点検箇所に劣化がある場合は、修理や部品の交換を行います。点検を行う設備保全の仕事を「状況基準保全」といいます。

また設備保全の仕事には工場の監視業務があります。工場内を巡回して機械や設備が問題なく動いているかを確かめ、異音がしないかなど見えない設備のトラブルを未然に防ぐように整備します。

3:故障の修理

設備保全の仕事には、機械や設備の故障の修理があります。定期的に整備や点検を行っていても、突然に設備が故障したり、動かなくなったりすることがあります。故障したときは設備保全の担当が修理を行います。

機械や設備が止まってしまうと製品の生産計画に影響が出てしまいます。生産をいち早く再開するためにも、設備保全の担当者が故障の原因を特定し、修理して機械や設備を安全に稼働させます。

設備保全に向いている人の特徴7つ

設備保全に向いている人の特徴7つ

ITやAI化が進む現代では、工場の自動化もますます進んでいくことでしょう。自動化すれば設備も増えるため、設備保全の需要も高まり生産体制の維持もできるようになります。

そんな設備保全にはどんな人が向いているのでしょうか。ここではその特徴について詳しく解説していきます。

1:責任感がある人

設備保全には、責任感がある人が向いています。自分の設備保全の業務に責任をもつことです。誠実に業務に取り組むと設備の故障やトラブルの発生を未然に防げます。

また設備が安定して稼働し続けるためにも、整備や点検、監視の業務を誠実に実行していくことは重要です。また責任感なく業務をしているといつか故障やトラブルを起こしてしまうでしょう。

2:注意力がある人

設備保全には、注意力がある人が向いています。注意力があると、日ごろの点検や整備で設備から出る異音や部品の劣化などさまざまなことにも気づけるでしょう。

工場では安定して機械を稼働させるために故障やトラブルを未然に防ぐことが重要です。部品の小さな違和感から劣化や不具合を発見できる注意力は、設備保全の仕事には必要不可欠です。

3:機械が好きな人

設備保全には、機械が好きな人が向いています。設備保全の仕事は、一日のほとんどの時間を工場の機械や設備の整備や点検、監視に費やすので機械が好きな人にあっています。

設備保全の仕事は、常日頃から機械や設備の不具合や部品の劣化、消耗などをいち早く見つける努力が必要です。機械が好きだと設備保全の仕事にも一生懸命に取り組めるでしょう。

4:推測力がある人

設備保全には、推測力がある人が向いています。推測力があると日ごろ点検している工場の設備で、予期せぬ故障やトラブルが発生したときに役立ちます。

どこに原因があるのか、なぜそれが起こったのかなど不確かな証拠の中から推察力で速やかに原因究明ができて対応が可能になるからです。設備保全に求められることは、トラブルが発生したときに被害を最小限にとどめ、早急に復旧させることです。

5:臨機応変さがある人

設備保全には、臨機応変さがある人が向いています。臨機応変さがあると、工場での予期せぬ故障やトラブルが発生したときに柔軟に対応ができるでしょう。

臨機応変さがあると、故障やトラブルだけでなく、工場の生産ラインの計画に突然変更があったときや突発的な機械のメンテナンスなどにもすぐに対応できます。どのような場合であっても、臨機応変に対応できる柔軟な人が設備保全の仕事には向いています。

6:同じ作業が苦手ではない人

設備保全の仕事には、同じ作業が苦手ではない人が向いています。設備保全の仕事は、機械や設備に故障やトラブルが発生しないように整備や点検、監視することです。機械が故障すれば修理しますが、工場が安全に安定稼働している場合は、ほとんどの時間は同じ作業です。

同じ作業の繰り返しが苦手だと仕事が苦痛になりますので、苦手ではない人が合っています。

7:忍耐力がある人

設備保全の仕事には、忍耐力のある人が向いています。設備保全の仕事は、工場の機械や設備が安全かつ安定して稼働するためにあります。設備保全の仕事の中でも点検は定期的に同じことを何度も繰り返していく作業で忍耐力が必要です。

前回確認したところだから、と手を抜くと予期せぬトラブルが起こるかもしれません。忍耐強い点検作業で不具合を見つけ、トラブルを未然に防げます。

設備保全の魅力3つ

設備保全の魅力は、工場の機械や設備がトラブルなく製品を生産できるようにしていることです。工場は機械や設備が動かなければ製品を生産できません。

設備保全の仕事は、点検や整備、監視をしっかりすることで、機械が故障することなく稼働し続け製品を生産できるようにしています。設備保全の仕事は工場にとって重要な仕事なのです。

1:達成感が得られる

設備保全の仕事のやりがいは、故障の原因を探り当ててうまく対応できたときの達成感でしょう。工場の機械や設備で発生したトラブルの原因を推測して、部品の修理や交換を行い機械が問題なく稼働したときに達成感があります。

また、設備保全がしっかり整備や点検していれば、機械は問題なく稼働して製品の生産ができます。トラブルなく工場が順調に稼働するのは、設備保全が工場の安全を守っているという誇りになります。

2:会社に貢献できる

設備保全で定期的に点検や整備して、工場を巡回して監視することで、機械の故障やトラブルの頻度を減らせば、修繕費が下げられます。工場のコストを抑えられれば会社に貢献できます。

また、トラブルが発生すると工場を止めなければいけません。設備保全の担当者が、日ごろから工場がより安全に稼働するように、整備したり工夫したりすることで、さらに会社へ貢献できます。

3:知見が深まる

整備保全の経験を積んでいくことで知見が深まることも魅力です。日々、多種多様な設備や機械に向き合うことでどんどんスキルが高くなり、設備の知識も豊富になります。その知識は今後の仕事に活かせることができるでしょう。

既存の設備にトラブルが起きた際、その知識を活かし速やかに対応できれば、滞りなく設備が稼働し続けられます。新たな設備を導入する際も、問題点にいち早く気が付き、リスク回避に役立つでしょう。

設備保全を行うときの注意点

設備保全する際の注意点として、各部門間で情報の共有を徹底することがあげられます。

製造現場はいくつもの部門が関わりあって成り立っているため、ある部門でトラブルが発生し、部品の交換等が必要な時は他部門との連携が必要です。もし他部門と情報の共有ができていないと、対応が遅れてしまい、設備が停止して生産が止まってしまう恐れがあるからです。

また、担当者の判断力やスキルによるばらつきがないようにすることも大切です。明確なルールや社内教育を徹底して、担当者全員が的確な保全業務をすることが必要です。

さらに、コスト管理も入念に行う必要があります。初期費用にランニングコスト、修繕費や部品代など、保全にコストは付きものです。コスト管理を怠ると会社の財務面に影響が出ることも懸念されるため、十分注意が必要でしょう。

設備保全への理解を深めよう

設備保全は、機械化が進む現代において必須であり重要な役割を果たしています。

機械化・AI化を支えるのは、その機械を安全に稼働し続ける設備保全があってのことです。今後さらに設備保全の需要が高まっていくと言っても過言ではないでしょう。

社内教育を通して設備保全への理解を深め、安全に機械を稼働し続けて、安定した生産ができるようにすることが会社の利益につながります。


当サイトの記事は基本的には信頼性に足る情報源(公共機関や企業サイト、または専門家によるもの等)をもとに執筆しており、情報の正確性・信頼性・安全性の担保に努めていますが、記事によっては最新の情報でない場合や情報の出典元表記や正確性が充分でない場合があります。予めご了承ください。

建設業界の人材採用・転職サービスを提供する株式会社夢真の編集部です。
建設技術者派遣事業歴は30年以上、当社運営のする求人サイト「施工管理求人サーチ」の求人数は約6,000件!
このコラムでは上記の実績と知見を活かし、建設業界で働く方の転職に役立つ情報を配信しています。

株式会社夢真 コーポレートサイト

Twitter LINE
RECOMMEND

おすすめ求人

PAGE TOP

まずは無料登録
お電話でのお問い合わせはこちら