施工管理の求人・転職情報掲載。資格者・現場経験者は即採用【施工管理求人サーチ】

施工管理求人サーチロゴ
夢真の転職支援 施工管理求人サーチ電話番号
お気に入りリスト
まずは無料WEB登録
メルマガ登録

解体工事に伴う監理技術者と主任技術者について

学ぶ
公開日時 2022.09.27 最終更新日時 2024.04.09

近年、建設業法が改正され、2016年6月より「解体工事業」が新しく設置されることになりました。
これにより、500万円以上の解体工事を行う際には、「解体工事業の許可」が必要になりました。
しかし、これに伴い、主任技術者を現場に設置する必要も出てくるため、資格を取得することが急務となってきています。
そこで今回は、解体工事に伴う監理技術者と主任技術者について解説したいと思います。

主任技術者と監理技術者とは


建設業者は、元請けの場合、下請けの場合、また金額の大小に関わらず、全ての工事現場に対して、必ず技術者を配置しなければならないと定められています。
このとき、全ての工事現場に配置する必要がある技術者のことを「主任技術者」と呼びます。
また、クライアントから直接工事作業を請けた建設業者は、その下請け契約の請負代金が4,000万円以上 (建築一式工事の場合、6,000万円以上)の場合には、「主任技術者」より上位の技術者を配置する義務があります。
この上位の技術者が、「監理技術者」です。

主任技術者になるための資格


主任技術者になるためには、次のいずれかの資格を取得する必要があります。
まず、「2級土木施工管理技士(土木)」か、「2級建築施工管理技士(建築、躯体)」。
または、「とび技能士」ですが、この場合には1級もしくは、2級取得でかつ、解体工事作業の実務経験が3年以上必要となります。
次に、「解体工事施工技士」か、土木工学か建築学を先行した「大卒」で3年以上、「高卒」で5年以上、その他で10年以上の実務経験が必要となります。

監理技術者になるための資格

解体工事業の監理技術者になるためには、次のいずれかの資格を取得する必要があります。
まず「1級土木施工管理技士」と「1級建築施工管理技士」ですが、平成26年度までの合格者の場合には、解体工事の実務経験が1年以上、または登録解体工事講習の受講が必要となります。
次に、技術士試験における「総合技術監理(建設)」に登録している人であれば、解体工事に関する実務経験が1年以上あるか、登録解体工事講習の受講を受ければ可能となります。
最後に、主任技術者としての要件を満たしている人で、かつ元請けとして4,500万円以上の解体工事に携わり、2年以上の指導監督的な実務経験を持っている場合でもOKです。

まとめ

現在、解体業を営まれる方で、まだ解体工事業の許可を取得されていない場合は、なるべく急ぐ必要があるでしょう。
また、主任技術者はもとより、監理技術者の資格はハードルも高めなので、滞りなく準備をして臨まれるとよいでしょう。

関連記事:
バラシ?脱型?型枠解体の手順と作業内容について徹底解説
【解体工事】仕事内容や給料について紹介
内装工事に必要な資格は?

 

主任技術者と監理技術者とは?

建設業者は、元請けの場合、下請けの場合、また金額の大小に関わらず、全ての工事現場に対して、必ず技術者を配置しなければならないと定められています。

建設業で今話題の求人はどんなものがある?

「俺の夢」のおすすめする最新の求人一覧をご覧ください。大手ゼネコンの求人の他、「自宅近くの職場」「残業少なめ」など働きやすさを重視した求人を探すこともできます!全国に常時約6,000件の求人がありますので、まずは当サイトを見てみてください。


当サイトの記事は基本的には信頼性に足る情報源(公共機関や企業サイト、または専門家によるもの等)をもとに執筆しており、情報の正確性・信頼性・安全性の担保に努めていますが、記事によっては最新の情報でない場合や情報の出典元表記や正確性が充分でない場合があります。予めご了承ください。

建設業界の人材採用・転職サービスを提供する株式会社夢真の編集部です。
建設技術者派遣事業歴は30年以上、当社運営のする求人サイト「施工管理求人サーチ」の求人数は約6,000件!
このコラムでは上記の実績と知見を活かし、建設業界で働く方の転職に役立つ情報を配信しています。

株式会社夢真 コーポレートサイト

Twitter LINE
RECOMMEND

おすすめ求人

PAGE TOP

まずは無料登録
お電話でのお問い合わせはこちら