施工管理の求人・転職情報掲載。資格者・現場経験者は即採用【施工管理求人サーチ】

施工管理求人サーチロゴ
夢真の転職支援 施工管理求人サーチ電話番号
お気に入りリスト
まずは無料WEB登録
メルマガ登録

学生に聞いた建設業界のイメージ「社会貢献度が高い」「肉体労働」

知る
公開日時 2023.03.10 最終更新日時 2023.03.10

こちらの記事では、建設業界のイメージについてご紹介いたします。


 

業界別イメージ調査・建設業界編

株式会社インタツアーは、22卒~25卒学生652名を対象に「業界別イメージ調査 建設業界編」を行い、その結果を2022年6月30日に発表した。

良いイメージ、悪いイメージ

建設業界の良いイメージを聞いたところ、「社会貢献度が高い」40.2%、「安定している」31.9%、「伝統的・歴史がある」31.0%などがある。反対に悪いイメージは、「作業的」43.7%、「昔ながらの文化がある」34.5%などだ。

良いイメージ・悪いイメージともに古い歴史や文化についてあげており、古い業界の体質をイメージしていることが分かる。ほかにも「転勤がある」「給料が低い」「ワークライフバランスが取れない」などの回答があった。

具体的な仕事のイメージは、「肉体労働、力仕事」が42.2%、「建設、建築、土木、インフラ」27.6%。仕事内容よりも、現場での漠然とした成果物がイメージされていることが分かる。具体的なものになると「設計、デザイン」「技術職、専門職」などがある。

建設業界志望者は26.3%

建設業界志望者は26.3%

理系・文系を問わず学生が建設業界を「受けようと思っている(受けた)」学生は4.8%、「受けるかも知れない」21.5%、合わせると26.3%だ。

「受ける/受けるかも」と回答した学生のほかの志望業界を聞いたところ、「メーカー」36.0%、「商社(総合・専門)」29.7%、「IT・ソフトウェア・情報処理」23.3%、「広告・出版・マスコミ」22.7%などが上位にあげられていた。

株式会社インタツアーのプレスリリース(PRTIMES)

Amazon.co.jp : 業界別イメージ調査 に関連する商品


 


当サイトの記事は基本的には信頼性に足る情報源(公共機関や企業サイト、または専門家によるもの等)をもとに執筆しており、情報の正確性・信頼性・安全性の担保に努めていますが、記事によっては最新の情報でない場合や情報の出典元表記や正確性が充分でない場合があります。予めご了承ください。

建設業界の人材採用・転職サービスを提供する株式会社夢真の編集部です。
建設技術者派遣事業歴は30年以上、当社運営のする求人サイト「施工管理求人サーチ」の求人数は約6,000件!
このコラムでは上記の実績と知見を活かし、建設業界で働く方の転職に役立つ情報を配信しています。

株式会社夢真 コーポレートサイト

Twitter LINE
RECOMMEND

おすすめ求人

PAGE TOP

まずは無料登録
お電話でのお問い合わせはこちら