施工管理の求人・転職情報掲載。資格者・現場経験者は即採用【施工管理求人サーチ】

施工管理求人サーチロゴ
夢真の転職支援 施工管理求人サーチ電話番号
お気に入りリスト
まずは無料WEB登録
メルマガ登録

現場監督のやりがいと変化に関する調査、IT化による将来への不安も

知る
公開日時 2022.07.22 最終更新日時 2022.07.22

現場監督の仕事の実状と将来

株式会社AS IT ISは、「現場監督の仕事の実状と将来」に関する調査を実施し、2022年2月8日に結果を発表した。IT化への移行などで6割以上が将来に不安を感じていることが分かった。

これまでのやりがいと苦労

同調査は2022年1月に行われ、現場監督として働く施工管理技士資格保有者1,012人の回答をまとめている。

現場監督のやりがいは「資格・スキル・経験が身につく」48.7%、「1つのものを造り上げる達成感」42.2%、「大規模な現場で働ける」37.9%などがあげられている。

苦労することは何か聞いたところ、「土日祝や時間外の作業が多い」40.9%、「人間関係、チームワーク」40.4%、「労働時間が長い」38.5%などだ。

現場監督を始めたころと比べ、仕事内容や働き方に変化があったと「よく感じる」は28.5%、「たまに感じる」は50.1%で、理由は「事務作業がIT化され楽になった」33.2%、「現場の確認業務が増えた」25.9%などだ。

将来について6割以上が不安

今後、現場監督の仕事内容は変わっていくか聞いたところ、「とてもそう思う」は28.5%、「ややそう思う」は49.5%となっている。

20年後に現場監督という仕事が存在しているかという質問には、「そう思わない」の回答が約2割あった。回答者に理由を聞いたところ、「機械化されてしまう」「AI/IT化が進んでいる」などがあげられている。

将来に「とても不安を感じる」人は17.7%、「やや不安を感じる」人は48.5%であった。

(画像はプレスリリースより)

株式会社AS IT ISのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000090767.html


当サイトの記事は基本的には信頼性に足る情報源(公共機関や企業サイト、または専門家によるもの等)をもとに執筆しており、情報の正確性・信頼性・安全性の担保に努めていますが、記事によっては最新の情報でない場合や情報の出典元表記や正確性が充分でない場合があります。予めご了承ください。

建設業界の人材採用・転職サービスを提供する株式会社夢真の編集部です。
建設技術者派遣事業歴は30年以上、当社運営のする求人サイト「施工管理求人サーチ」の求人数は約6,000件!
このコラムでは上記の実績と知見を活かし、建設業界で働く方の転職に役立つ情報を配信しています。

株式会社夢真 コーポレートサイト

Twitter LINE
RECOMMEND

おすすめ求人

PAGE TOP

まずは無料登録
お電話でのお問い合わせはこちら